So-net無料ブログ作成

義父の戦争 [人類の歴史]

義父の戦争 第2話 ラバウル

龍鳳は潜水母艦を、沖鷹は民間船を改造した小型空母であり、この時期ミッドウェイ海戦の敗北により船舶は不足していた。沖鷹は故障で1日遅れ、龍鳳は護衛の駆逐艦1隻と、九九双軽22機、航空隊員133名を積んで横須賀を出港した。

八丈島東160カイリに達したとき、龍鳳米国潜水艦の潜望鏡に捕えられた、機雷敷設の為ハワイを出港し日本[鈴木1] に接近していたサンフィッシュ、トリガーと3隻中のドラムである、魚雷が4本発射され1本が命中した、死者100余名の内飛45隊員42名、ほとんどの機体が損傷し、船体は大きく傾いて横須賀に引き返した。ドラム艦首の残り2本の発射管には機雷が入っていて発射できなかったという、おそらくもう1本命中で撃沈であったろう。

隊員たちは守秘の為横須賀に缶詰めにされ、機体と人員の補充が開始される。面目を失った海軍は大型で高速の空母、第三艦隊旗艦瑞鶴を任務に充てることになった。

Tの記述は瑞鶴乗船から始まっているので、この時の補充要員として飛45に配属されたのである、船中で豪華な食事を出されたが船酔いで食べられなかったと書いている。5隻の駆逐艦の護衛で1231日瑞鶴は横須賀を出港し、1814日トラック島に入港した、他の艦が1週間かかった距離を5日で走破した。飛45122日海軍1式陸上攻撃機の誘導でラバウルに到着し、ここでガダルカナル攻防戦、ニューギニア航空戦を戦うのである。

2話は「旗艦瑞鶴へ、飛行第45戦隊急送せよ」平成2年、神野正美氏のコピーを参照した、第3話はいよいよ義父より聞いた戦闘の話だ。

keiro.JPGkeiro.JPG99.jpgzui.jpg

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。