So-net無料ブログ作成

義父の戦争3 [人類の歴史]

義父の戦争 第3話 撃墜

昭和17年8月に日本軍の到達した最南端、南緯9°40ソロモン諸島ガダルカナル島の連合軍による奪回戦が始まり、日本軍は18年2月に撤退した。

私は丁度この頃8人兄弟の末っ子として生まれた、もちろん戦争の記憶は無く、敗戦後の苦しい生活と、周囲に残る戦争の暗い影を見てきただけだ。

これから米軍の圧倒的物量と、レーダー、近接信管(注*赤外線を感知し高射砲弾を爆発させる)技術により、日本機の撃墜が増え搭乗員も激減する、ニューギニア南岸に築かれたフィンシュハーフエンなどの基地勢力に対抗出来ず、5月にはラバウルからニューギニア中部北岸ブーツ、さらにセレベス島メナドへと敗退する。日中の襲撃が激しくなり「輸送船で到着した若い人たちが、目の前でやられていくのが一番つらかった」という。

義父Tはこの間1225日機種を二式複座戦闘機(双発、攻撃機に改装)に改変のため、ブーツから国内に戻り、鉾田と大阪の八尾の工場を往復していた、このころ「阿倍野の旅館に泊まって、近くの飛田遊郭に行った」と、単身赴任で私が努めていた阿倍野の建築事務所へ家内と子供を連れて来てくれた時話していた、

ここからは本人の記述による、192月戦線復帰、22日にメナドから出撃し、双発双胴のロッキードP-38ライトニング戦闘機と会戦して撃墜され、負傷してニューギニア中部北岸ワクデ島付近の海に着水した。第4話は生還、そしてジャングルでの自活の話だ。

sensen.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。