So-net無料ブログ作成

義父の戦争 第4話 [人類の歴史]

義父の戦争 第4話 ジャングルの地獄

撃墜され海に不時着し投げ出された、上半身血だらけだった、同乗の本部の人は死んだが、若い大柄な副操縦士は無傷で、自分につかまってくれと言って陸まで泳いだ、この時の傷は残っていて、後日役所で傷病年金の事でもめた時、服を脱いで見せてやろうかと言ったそうだ。

日本軍の占領といっても、海岸沿いに点々と拠点があるだけで内陸には踏み込めない。他の人は現地人に助けてもらい友軍の所まで何日も歩いて帰還したというから、Tもこんなだったのだろう。他の本によると、米軍が組織した民兵ゲリラにつかまり捕虜になったとか、現地人の助けで同じ場所に墜落した米軍パイロットとしばらく一緒に暮らしたという話もある。

45はネグロス島シライ基地で191123日最後の1機を失った。残置部隊といっても要は置き去りである、もはや輸送船も無く、負傷将校を乗せた輸送機が撃墜され全員死亡するという状況であった。20年3月には島々に米軍上陸が始まり、30日ネグロス島上陸、北部のシライ山(1500m)に向い退却する。

「栄養失調で体が膨れ上がると死んでゆく、穴を掘ると蛙が沢山入るので丸ごと煮て食った、奥に入ると山菜も無く、これが沢ガニ、カタツムリ、ミミズに変わり、夜は服の縫い目を噛み潰し、蚤の血を吸った」5話は、続ジャングルの地獄である。

ネグロス.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。