So-net無料ブログ作成

最近読んだ本 '18.6 [自然・都市・生活]

外来種のウソ・ホントを科学する Where Do Camels Belong?

The Story and Science of invasive Species  

Ken Tompson 屋代道子:訳築地書館

ラクダと言えばピラミッドやスフインクスをバックに観光客を乗せているか、ロレンスがまたがって砂漠を走るのを思い浮かべる、しかしラクダは北アメリカで進化発生し、南アメリカで最大限に分化した、アルパカ、リャマなどは皆仲間だ。氷河期にベーリング海峡が閉じたときにユーラシアへ渡ったことになっている。

著者はこの話を始め、大陸移動、種の進化などから在来種と移入(侵入)種という区別は、時間軸に沿って考えると成り立たないことを証明している。

自然環境保護と称して多額の税金を使い長い時間をかけ結局何も目立った効果が上がらなかった例が多い。一度消滅して再度自然に、または人口的に定着した複雑な過程を経たもの、侵入種の丈が高い場合、在来種が丈の高い方向に変化し進化圧により別の種になっていくものもある、結局自然は人間がいじくり回し改変した環境に対応して移動するか、または人間や物流と共に移動した場所で生きてゆくのだ、生物種は混じり合い相関して進化し、少し長い時間で見れば(生物の歴史で見ればほんの一舜だが)平衡状態に近くなる。

これだけであれば生態学的に見た環境保護の批判的内容なのだが、作者はさらに「わたしたちの進化の歴史と関係し、人間が危険をどう察知するかという問題にかかわる、もっと根深い心理的な理由もあるように思える、わたしたちは抽象的で非人間的な脅威―中略―マラリアや気候変動や肥満には十分な関心を払わない。逆に、目に見える相手には敏感だから、テロリストや暴力犯、小児性愛者には過剰なほどの不安を感じるのだ。」「民族的出自にかかわらず、誰もが環境保護、文化遺産保護活動に完全参加できるようにすることを目標に掲げる団体、UKブラック・エンヴィロンメント・ネットワークが、外来生物排斥が外来人間排斥へと転化する境界線の微妙さを懸念して、両者にもっと寛容にと盛んにキャンペーンを張っていることは、注目していいだろう。」と述べている。

人類の発生期には複数の種があったこと、現在のアメリカ大統領の言動などを照らし合わせ考えるべき点が多い。

 


コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。